紙と皿のあいだ

本の感想とドールや猫の写真とか

六本木ヒルズ森美術館 ドールカルチャー展・4

前回の記事からの続き。

SDコーナーです。

IMG_9599.JPG
このアリスとロリーナはSD最高傑作ではないのだろうか。



IMG_9600.JPG
SDM-F20

IMG_9601.JPG
亜美嬢。
ボディは17?Gr?

IMG_9602.JPG
マッドハッター。
「過去に一度しか展示されたことのない GOU 雪之丞」らしいです。
毎度のことながら、ボークスのドールは逆・公式写真マジックだよなと感じる。

IMG_9603.JPG
ワンオフのお嬢さん。

IMG_9604.JPG
ヘッドの種類がわからん。

IMG_9605.JPG
これもワンオフ

IMG_9606.JPG
SDM-29


SDはサイズが大きいため展示点数そのものは少なかったものの、ドールを長所を全面に押し出す内容で良かったです。
しかしアリスとロリーナが可愛すぎる。メイクからドレス、ウィッグに至るまでのトータルコーディネートが完璧。
ドールの種類としてSD自体はそんなに好きな方ではないんだけれど、今回の展示品には魅惑されまくりでした。

余談ですが、この展示会の前に原宿の「天使の窓」にも寄り道していたんだけど、初めて訪れた友人(人形者じゃないけど、里訪問経験あり)の「宗教私設かと思ったらウェディング・サロンだった」という感想にはジワジワくるものがある。



IMG_9608.JPG
続いてジェニーのファッション・クロニクル・ブース。

IMG_9609.JPG
う〜〜ん、バブリー!
そして時代が一周してきている感がある。ネオギャルか……。

IMG_9610.JPG
ガングロ&コギャルブーム。
後ろの金髪はともかく白肌エリーが気になって検索したら、アクションボディで出てたんですね。
SAJ の時代は完全にノーチェックなので発見が多い。

IMG_9611.JPG
モノグラム!

IMG_9612.JPG
なう。
これぞジェニー!って感じで見ていて楽しすぎるステージであった。


出口でジェニーの新作に galaxxxy! コラボが控えていることを知り驚愕。

ジェニー galaxxxy

ジェニー galaxxxy

ジェニー BABY, THE STARS SHINE BRIGHT

ジェニー BABY, THE STARS SHINE BRIGHT

ジェニー シフォンラビット

ジェニー シフォンラビット

うーーーむ。



IMG_9613.JPG
ラスト近辺のバービーコーナーは各ラベルごとにまとめた展示。
これは大人向け&アウトフィット重視のブラック。


IMG_9614.JPG
児童向けのピンクラベル。

IMG_9615.JPG
PAUL FRANK コラボ。サルかわ。

IMG_9616.JPG
/ケンでーす\



IMG_9617.JPG
コラボドールの数々。

IMG_9618.JPG
カリブの海賊
どっちも役者の雰囲気がよく出ている。

IMG_9619.JPG
風と共に去りぬ
額縁のディスプレイがかっこいい。

IMG_9620.JPG
こちらは復刻版シリーズ。完全にコレクター向けで箱で飾るのが前提って感じのラベルですね。
個人的には、このフェイスデザインが色気があってクールで一番好き。

IMG_9621.JPG
バービー!


気になるお土産コーナーは展示会入口脇と会場内出口付近と2カ所にありました。

特筆すべきは、「お人形教室」と称されるリカちゃんとジェニーのカスタムセット。
好きな本体、ドレス、靴&帽子をセレクトして 3千円ちょい!
「人形か〜、子どものころ好きだったけど中学生あがった時に捨てちゃったな〜」という女子がついつい購入してしまうこと必至のメニュー!
そういえば、リカちゃんキャッスルも新しく日本橋店がオープンしたらしいので、一度行ってみたい。

後はキャッスル製の靴やメガネなどの小物販売などがありました。
Factory のドレスも低価格なものがそこそこ揃えられていて、リカジェニ再入門にはジャストな感じ。
ブライスは現行の本体と、 Junie moon 製のアウトフィットの販売がありました。
バービーについてはよくわからんけど、販売は本体のみでドレスや小物の扱いは無かったです。


この日は翌日にドルショが控えていたため、散財は抑えてキャッスル製のメガネをカラーリング違いで3つだけ購入。
SDIM1993.JPG
黒フレームをゆうたにつけてみた。