読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙と皿のあいだ

本の感想とドールや猫の写真とか

シェリルとギー

シェリルとギー
秋めいてきたので長袖を着せました。

シェリルとギー
ウエスタン調のシャツかわいい。本当はスカートと合わせたいけど、ドールのスカートって流行に関係なく極端なミニばっかりしかないのなんで。

シェリルとギー
男前なドヤ顔の風貌ゆえに、ショートヘアーも当然似合うシェリルさん。
シェリルだけは自然と「さん付け」してしまうのは、なぜか。
人格を原作アニメから借りているからか。
シェリルさんは土下座で額に擦り傷を作ってでもディナーに付き合っていただければ幸い系女子だからな……。

ソフビの中に魂が隠ってるとは欠片も思わないが、ヘッドの造形の時点で「勝ち気」「優しげ」「内証的」などの人格は付与されている。「キャラクタ」のコンセプチュアルには人格の投影が不可欠だよなという話です。

そういや、鉄娘みちか炎上の件で「オタク的なキャラクタの記号はハイコンテクストすぎて未経験者には読み解けない」という論を読んで、なるほどにゃーと思ったんですが、人形のキャラクタ性も人間の戯画化という面で同じルールに乗っ取っており、特に融通のきくファッション部分にはオーナーの意識が反映されるんですよね。
キャラクタ性の保持を「この服はこのドールに合う/合わない」と言い換えている人もいる。
ファッション自体が記号なのだし、モデルの性質とのマッチングによって文脈(人格/キャラクタ)が生まれていく。