紙と皿のあいだ

本の感想とドールや猫の写真とか

Dollshe 18M Classic 35s - Saint

DSCF0949
先日、手放した Dollshe の 18M です。違うヘッドだけど、もう増えないのでカテゴリは Bernard で。

35s ボディにハンドだけ別のつけてます。
www.dollshecraft.com
これ。


今の 18M は↓のボディしか取扱ないのかな〜と思ってたんですが
www.dollshecraft.com

http://www.dollshecraft.com/product/old-18m-classic-order/www.dollshecraft.com
期間限定&セールの触れ込みで受注してますね。
Dollshe の廃盤告知はいつものことすぎて、もう永遠に売ってんだろうなって感じがする。


dolk.jp
最近は代理店のDOLKでも取扱されるようになったので韓国語や英語がダメでも買えます。
44cm って扱い安そうでいいけど、体型そのままに小さくなるから確実に服難民だよね……。


Dollshe はたぶん国内よりも海外の方がオーナーが多いので情報も Flickr などで探した方がヒットします。

Search: dollshe | Flickr

日本語で探すなら魔法の言葉「お迎え」「互換」を加えるんだ。


35s についての所感ですが「関節が多い = 善い」の公式が証明されるほどゴム引き人形は単純なものでないのだなというものです。
32と35の違いは各関節が更に細かく分割されているかどうか。確かに関節が多いと自然なポージングができるようにはなりますが、そのままポージングを維持してくれるかというと保持力がないので難しい。
針金とか通すといいんじゃないかな。私はやらなかったけど。

ルーズで気だるげなポーズというのが一般的な BJD は意外と取れないので、それが可能になるという点ではポテンシャルを秘めたボディではあります。
ただ、個人的にこのサイズ感はやはりデカすぎるのであった。でもこれくらいのサイズのドールが造形的には一番かっこいいんだよね……悩ましいものです。


1/3 のボディはあともう一つ減らしたら一区切りかなという感じですが、あんまり減ってる気がしないのはなんでかな。
それはね、増えているからです。



kamanobe.hatenablog.com
kamanobe.hatenablog.com


サイト内では別ヘッドのボディとしての活動期間の方が長かったですね。
kamanobe.hatenablog.com
kamanobe.hatenablog.com